2006年03月06日

JUGEMで作成中のブログの別館を作りました

 JUGEMでのブログが、そこそこ人気を博していますので、バックアップを兼ねて、「名前漢字と名付けお助けブログSeesaa別館」とこのブログ「語源・字源・漢和辞典のブログSeesaa別館」を作りました。

 フォントのサイズは、JUGEMで、見やすい大きさになっていますので、こちらでは、表示サイズを調整いただかないと見にくい場合があることをお詫びします。
posted by jitenfeti at 12:16| Comment(39) | TrackBack(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

【386】5月5日に粽を食べる由来

 日本では、5月5日は、端午の節句であり、子供の日として、祝日となっています。

 この日に粽を食べる風習がありますが、実は端午の節句にも子供の成長を祝うといった意味にも何ら関係のないことなのです。

 5月5日という日に意味があることで、この日は楚の屈原の命日であります。

 西暦145年のこの日に屈原が投身自殺をしたことを悼んで、楚の人々が江に竹の筒に入れた米を投げて屈原の霊を祭ったことが起源なのです。




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


  8位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・4位・19位・21位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 39位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(15位・27位・57位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 42位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。2月は、11,251アクセスと減りましたが、書き込みが減ったことを考えれば、1日平均400アクセス以上になるこの数字は、十分満足の行くものです。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 08:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

【385】漢字に関する私の位置

 若干、誤解を解いておく必要があるかと思うので、書いておきます。

 読者の方の中に、私のことを漢字の専門家かと思われてか、先生という呼称を使う方がいます。

 ネット上でいえば、「和製漢字の辞典」・「日本語を読むための漢字辞典」の作者として、最も知られているかと思います。

 この件については、そこそこ評価していただいている方も多く、その方面の辞典を作成中です。

 その関連で、漢和辞典にも国字関係を中心に改訂意見を出しました。

 それであっても、漢字に関しては、素人のなれの果てであって、和製漢字(国字)に関しても、在野研究者に過ぎません。

 しかし、その私から見ても、国字を中心に不十分だと思われる字源説があるので、このブログを作っているのだと思ってください。

 そのレベルだと思って、ブックマークしている私のブログも読んでいただくと、幸いです。




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


  4位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・3位・6位・7位・24位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 19位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(7位・17位・28位・41位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 42位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

【384】漢和辞典の字源説は、ここがダメ

 漢和辞典の字源説に、納得できかねるものがあり、国字関係にそれが多いのは、以前にも述べたと思う。

 これが、語源ブログに対する批判以外に、このブログを立ち上げた理由の一つであるが、今回述べたいのは、その点ではなく、当用漢字・常用漢字の新字体についてである。

 私が知っている限りの漢和辞典・字源辞典は、いずれも旧字体の字源をといて、それで事たれりとしている。

 新字体が、日中を始めとする漢字圏諸国のいずれで、何時頃できたのか、、まったく考察しようとしていない。

 中国には、『簡化字源』という書籍があり、「簡化字」の字源を追及している。

 この本によって、日本の簡体字である当用漢字などの新字体のルーツの結構多くが、中国にあることがわかる。たとえば、「国・宝・庁・薬・亀」などがそうであり、「簡化字」がその字形を採用していないものの多くにも、中国起源の異体字が多くあるということがわかる。

 しかしながら日本には、この手のものが少なく、それも字源学者ではなく、国語学者の手によるものであることが、字源学者の限界を示しているように思える。


 当用漢字などの新字体にも字源説をつけるということは、いくつかの漢和辞典編集部に言ってみたのですが、今のところ、良い返事は、もらえていません




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


  4位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・3位・6位・7位・24位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 19位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(7位・17位・28位・41位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 42位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 字源説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

【383】菜食主義者は、さかな好き

 「さかな」を漢字で書くと、「魚」と答える方は、つまんないですね。

 やはりタイトルからして、酒肴あるいは酒菜と回答してほしいところです。

 要するに、「魚」は、酒の肴ということから、酒菜と書かれたことから、「さかな」と読まれるようになったのです。

 ですから、「菜」と言えば、「野菜」だけをさすと考えるのは、片手落ちで、「菜」と言えば、副食物一般を指すと考えるべきなのです。

 よって、ややこじつけ気味ながら、タイトルの様になるのです。




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


  5位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・3位・6位・7位・22位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 17位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(8位・20位・30位・40位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 42位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 語源説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

【382】「蟹」の字源

 『人名字解』に「字が解に従うのは、脱皮する意味であろう。」とある。

 脱皮するのは、蟹に限ったことではないと違和感を覚えた。

 焼き蟹や茹で蟹を食べるときを思い出して、甲羅や足が簡単に外れて、食べやすいので、解体しやすい水棲動物ということで、「虫+解」ではないかと考えた。

 字源俗解もはなはだしいかと思っていたが、手元の『新漢語林』に同様なことが出ていたのには、驚いた。




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


  5位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・3位・6位・7位・11位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 18位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(8位・20位・31位・39位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 74位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 字源説部首6画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

【381】大歩危・小歩危の語源

 久しぶりに語源で、かつネタ本がまったくありません。独創的な内容であればいいのですが、単なる独断かもしれません。

 ひょっとすると、知っているぞという方がいるかもしれませんね。

 しかし、大抵は、俗説の「大またで歩くと危ないのが大歩危、小またで歩いても危ないのが小歩危」というやつじゃないでしょうか。

 「歩危」は「ぼけ」に対する当て字で、「ぼけ」も「ほき」が変化した「ほけ」が連濁を起こしたもののようです。

 あるいは、「はけ」が変化したものかもしれません。

 いずれにしても「がけ」の方言のようです。

 すなわち、「大歩危」は、連続するがけの面積の大きいもの。「小歩危」は、「大歩危」ほど大きくはないものだと思います。

 私は、この徳島県の名勝に行ったことがありませんので、行ったことがある方が、正しいかどうか書き込んでいただけると、幸いです




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。

 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



  5位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・3位・6位・7位・11位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 20位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(8位・22位・29位・36位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 74位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 21:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 語源説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

【380】使いやすい同音同訓異義語辞典

 ハンディーだが、簡潔でわかりやすい、同音同訓異義語辞典。

 ポケット版なので、解説も用例も簡潔だが、使い分けが非常にわかりやすい。この手の辞典の一押し。



ポケット判同音語使い分け辞典
ポケット判同音語使い分け辞典


 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。

 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



  4位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・3位・6位・7位・11位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 21位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(6位・25位・29位・42位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 74位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 同音同訓異義語辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

【379】「虫偏に家」の字源

 もちろん、家に居る虫の意の字なのだが、わかるかな。

 きらわれる虫で「は」から始まる名前と言えば、わかりますよね。

 そう「ハエ」ですね。

 「ハチ」も当てはまるんじゃないという意見。

 これも正解ということで、良いんじゃないかと思います。

 好い加減なと起こられるかもしれませんが、どちらも正解なので、いたし方ありません。

 いずれも日本の古辞書に載っているので、どちらが正しいとも間違っているともいえない。

 字源は、もちろん、家に居る虫の代表的なものとして、「虫偏に家」となったということだ。



 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。

 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



  3位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・4位・6位・8位・11位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 24位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(5位・19位・29位・38位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 74位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。

 
posted by jitenfeti at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 字源説部首6画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

【378】「土偏に居」の字源

 ある漢和辞典に「土と居の二字をあわせて「どい」と読ませたものか。」とある。

 「か」などとつけなくとも、それ以外の字源など考えられない。

 「どい田」さんから、祖先が「土と居の二字をあわせて「どい」と読ませるために作った。全国で数件あり、すべて親戚である。」と聞いたが、聞くまでもなく、普通そうだということは、わかる。

 関係者から直接伺ったという価値は、ありはする。



 下へ、続きます。


  4位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・5位・9位・13位・19位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 21位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(6位・20位・34位も私のブログです。)


 このようなわかりきった字に、「か」などと書いて、慎重を期してあるかに見せたいのであろうか。

 そのようなことに意を用いる暇があるのであれば、国字関係の字源には、うなづけないものが多くあり、訂正していただきたいものだと思っている。

 このことは、このブログにおいて、字源の解説が多くなった理由の一つでもある。




 今後とも、Google認定「字源ブログ」「漢和辞典ブログ」最高峰「漢字・字源・漢和辞典のブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



  4位(最高1位)になりました。(1位復活は、ちょっと夢でもでなければ無理という差です。)。クリックして応援してください。
ホームページランキング
(現在このランキングの1位・6位・9位・13位・19位も私のブログですが、5位以上完全制覇は、昔日の感があります。)



 21位(最高11位)です。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(6位・20位・34位も私のブログです。)


 クリックして応援してください。
人気ブログランキング>人気ブログランキング


 こちらのランキングをクリックしていただいたのでもありがたく存じます。
ブログ王ランキング


 74位(最高7位)争いをしていますが、接戦です。クリックして、応援をお願いします(一時7位復活しましたが、またランクを落としています。)
にほんブログ村 教育ブログへ
 何かクリックが受け付けられてないことが多いように思います。


 ランキング、特に支持をいただきたいものを、クリックしていただきやすいだろうところにおいてみました。


 過去、二つのランキングで1位になりました。クリックしていただいた皆さんに感謝します。


 10月は9,132アクセス、11月は9,778アクセスと、10,000アクセスを割っていましたが、12月は11,360アクセス、1月はさらに13,610アクセスと増えました。ご訪問を感謝します。
posted by jitenfeti at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 字源説部首3画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。